母の日の歴史について

subpage1

毎年5月の第1日曜日は、毎日家族のために頑張ってくれている母親に感謝の気持ちを込めてカーネーションなどのプレゼントを贈る「母の日」です。


日本での歴史も古く、1931年女性の人権を求めて立ち上げた婦人会の結成がその起源と言われています。

なお、その当時は皇后の誕生日を母の日としていたため、その日程は今とは大きく異なりました。


また、その認知度も全国的なものではなく、知っている人は少数という状況でした。

しかしその後、1936年に日本の製菓会社が母親を讃えることを目的とした会を結成し、その他さまざまな団体と協力しながらその普及活動を全国に広めていった結果、その状況は大きく変わります。


これにより、これまで家庭において立場が弱かった母親に対して感謝を示す「ありがとうお母さん」という文化が一気に定着したのです。

そしてその後、その日自体もアメリカの文化にならい5月の第2日曜日に代わり今に至ります。

母の日ならこちらが人気です。

なお、その当時から母性愛の象徴とされていた赤いカーネーションが定番のプレゼントとされていました。
ただ、これは健在の母に限られ、母が亡くなっている場合は白い花を胸に飾ることで感謝の気持ちを伝えていました。そんな母の日はみなさんもご存知な通り、時代と共に母親への感謝を表す日としてその知名度は高まりつつある一方で、贈りものの多彩化も進んでいます。



カーネーションにこだわらずとも好きな花やものを送ったり、感謝の気持ちだけでも母親に伝える日にするのが良いでしょう。



母の日の驚く情報

subpage2

母の日には実の母親に日頃の感謝を伝えるのはもちろんのこと、結婚していたりパートナーがいる場合には義母にもプレゼントを贈ることになるのではないでしょうか。実の母とは違い好みがわからなかったり、欲しいものを聞きにくかったりと悩んでしまうのは当然のことではないでしょうか。...

next

母の日の補足説明

subpage3

毎年の母の日に、何をプレゼントしようか迷っている方も多く、結局は毎年在り来たりのものに限定されてしまうこともあるのではないでしょうか。実用品や日用品でも喜ばれるジャンルは沢山ありますが、時にはいつもとは異なるジャンルのプレゼントを選んでみることも推奨できます。...

next

これからの母の日

subpage4

毎年、5月の第2日曜日は母の日です。日頃の感謝の気持ちを伝えるのにカーネーションを贈るのが一般的ですが、この習慣は、いつどのように始まったのでしょうか。...

next

母の日の耳より情報

subpage5

母の日は、普段お世話になっている母親に恩返しをする絶好の機会であると言えます。毎日の生活の中では言えないありがとうの気持ちを言葉にするだけでなく、喜んでもらえるプレゼントを贈るのは非常に良いことだと言えるでしょう。...

next