治験は新薬をいち早く試せるチャンス

製薬会社が新薬を発売しようとする時は、事前にさまざまな試験を実施して効果や安全性を確かめたうえで、国の承認を受ける必要があります。この承認申請に必要な臨床試験のことを、治験といいます。治験では、その薬の開発目的に合致した条件(年齢・体格・病歴など)を持つ人を一般から募集し、それらの人々を被験者として薬を投与し、体調の変化などをチェックします。募集は新聞広告やインターネットの専用サイトなどで行われるのが一般的ですが、研究センターなどを併設する病院が条件に合う患者に応募を勧めたりすることもあります。

参加者から見た場合、治験にはまだ世に出回っていない新薬をいち早く利用できるというメリットが得られます。新しく市場に投入される予定の薬ですから、既存の製品よりも効果が高い可能性があります。また、参加は有償となっているのが一般的で、入院が必要な場合は入院費が、通院が必要な場合は交通費がそれぞれ支給されるのに加えて、謝礼金も支払われます。また、すでに療養中の患者であれば、治療費の負担が一部軽減されることもあります。

もちろん、まだ試した人のいない薬ですから、未知の副作用などのリスクも皆無ではありません。そのため、治験を実施する際はコーディネーターと呼ばれる人が不安や疑問などについて相談に乗ってくれるほか、万が一の場合は迅速に医師が診察を行うなど、安全確保に十分な配慮がなされます。実施方法については、法令によって厳格な基準が定められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*