治験っていったいどんなバイトだろう

高収入と言われる治験バイトですがそもそも治験とは、薬をつくる段階で人に使用し安全性や効果を確認するために行われる臨床試験のことです。そんな治験バイトですが、大きく分けて入院するタイプと通院するタイプがあります。通院タイプのバイトは入院タイプと比べると拘束時間も短く、比較的負担も軽いです。入院タイプは他の被験者と一緒に入院し、起床、消灯、食事時間など時間管理をされて生活します。

どちらのタイプも薬を服用し、服用後の体の変化や副作用を調べます。治験の内容によっては採血をされます。給料は日給1万円から2万円程度です。入院タイプのほうが拘束時間が長くなるので、給料も高く設定されています。

最終日に手渡しの場合と銀行振り込みの場合があります。しかしながら治験バイトはだれでも参加できるというわけではありません。事前に健康診断を行い症状や既往歴、検査値など基準を満たした人、適正にあった人のみ参加することができます。バイトの流れはまず、自分が参加したいバイトに応募します。

その後説明会へ参加します。この説明会で具体的な内容が説明されます。説明会で納得した場合、健康診断を受けます。この健康診断でバイトへ参加できるかが決まります。

健康診断をクリアした人はバイトスタートです。薬を服用したあとに副作用や体に影響が出た場合はきちんと保証があり、処置もしてくれるので安心して取り組むことができます。説明会で具体的な説明をしてもらい、納得できた場合のみバイトに参加しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*