浴槽つまりの原因と解消方法

浴槽を使ったあとは。お湯を流して掃除をしますが、このときにお湯がうまく流れないという場合もあります。お風呂では、浴槽から出て洗い場で体を洗ったり洗髪をすることも多いので、浴槽つまりは発生しにくいと感じている人もいるかもしれません。バスルームの種類によっては、浴槽内で体を洗ったり洗髪したりする場合もあるので、そうなると髪の毛や石鹸カスなどで浴槽つまりも発生しやすくなります。

さらに、かみそりの刃やヘアピン、歯ブラシなど水に溶けない固形物をうっかり流してしまうことも浴槽つまりにつながります。お風呂場は使えなくなるととても不便になりますので、はつまり早急に解消したいところです。軽度であれば自力で解決できる可能性もありますので、まずは清掃やパイプクリーナーの利用で対処してみましょう。パイプクリーナーは髪の毛も溶かせるような強力なタイプを選んでおくと、早期に解決できることが期待できます。

薬剤を使うときは説明をよく読んで正しい方法で使用しましょう。薬剤を使わずに解消させる方法では、ラバーカップの利用もあげられます。吸引力を高めることも大事ですので、浴槽に少し水を張った状態で使うと良いでしょう。つまりが無事解消できたら、定期的に重曹やパイプクリーナーで掃除をしておくとつまりの予防になります。

浴槽内で先発をするという場合はヘアキャッチャーをつけておくことがおすすめです。できるだけお湯や水以外のものを流さないよう心がけることもつまり予防につながります。

Filed under: トラブル, 浴槽つまり, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website